メバルを炊く

子供の頃の遊びと言えば「釣り」でした。

釣り場はもっぱら「淀江港」でした。淀江港は築港で組み合わせた石の隙間に釣り糸(竿無し)たれればメバルとかモズ(アイナメ)たくさん釣れてましたよ。

あと浜(ビーチ)でのキスとかエノハ釣りでしょうか。

今は釣りは全然ですね。

面白いもので県西部の「エノハ」と東部の「エノハ」はちょっと違うような・・・。

これは僕以外の方も思うとこあるんじゃないでしょうか。

淀江のスーパーで「メバル」ありました。

ちょっと濃いめで炊いてみました。

煮物は日本料理の美学です。

皆「煮方」を目指して辛い修行を耐え抜きます。

僕も包丁の冴え(刺身)より煮物に美学感じてました。

・・と何を想うかは個人差ありますからね。

今日の料理に「ごぼう」とかと一緒に炊けばもっと良かったかなと思います。

 

カテゴリー: 淀江の味   パーマリンク

コメントは受け付けていません。