米子の魚屋さん

昔ながらの個人店の魚屋が好きです。

故郷淀江でも昭和50年代はマチナカに3軒くらいはあったんじゃない。

スーパーの鮮魚に無い良さはなんといっても魚の顔が見れる事だ。

僕もスーパーではパック越しに魚みるんですが・・わからない・・・「刺身用」のシールと消費期限シールだけが情報源(笑)。

でも個人店だと、店員さんに聞けるしね。さらに自分でさわって目利きできるし。

サービスもいい!。無料で掃除(頭とか腹開ける事)してくれるし。

さらにはお買い得感あり(安く感じる)かな。

僕の好きな米子中心市街地鮮魚店(松江鮮魚店)で「スズキ」買ってみました。

鮮度良すぎるので好きな「鮨」にしましたよ。

 

僕は掃除してもらいません。

頭、内臓、骨 すべて出汁にして「味噌汁」にします。

僕の信念として魚、肉といった動物系食材は一片のムダなく調理します。

捨てていい食材などひとつも無いですよね。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。