よどえみちくさ日和

今日は米子市淀江地区で今秋約三か月に渡って行われた地域発信イベント「よどえみちくさ日和」の反省会(?)が淀江公民館で行われました。

僕は主催者ではなかったけど満足したイベントだったので皆さんどんな顔ぶれかなと思い興味あったので参加させてもらいました。

しかも、それ知ったのは小波の防災無線・・。

検証では去年、今年と参加者増えててこの伸び率だと2020年には8000人が参加する計算になるそうです(笑)。

で、来年度の展望ですが。

僕がやるならこんなイベントかなと思うのですが・・・。

今の僕にはカレーしかないんで、淀江食材を使った創作カレーかなと・・。

今日偶然再会した「米子市法勝寺町善五郎蔵」でともにしたT中さんが「法勝寺町イベント」で提供した元町の遠藤全快堂(漢方薬局)の「謹製ガラムマサラ」と僕の「ほっしょうじ七福神カレー」とのコラボが良かったよとおっしゃってくださったのでやるならそんなイメージかなと考えてしまいました・・。

滋養的には人参とかいいかもね。

と言っても簡単には行かないでしょうけど・・。

でも、これだけ淀江地域を盛り上げて行こうとしてくれる方々がたくさん存在する事に淀江地区の方々は感謝しないといけないと思いますよ。

 

写真は記事とは関係無し(笑)

今が旬!ハタです!アブラ乗ってるよ。

サワラの握り鮨、近年山陰でも水揚げ量が増えているそうです。

要因として温暖化があるみたいよ。

カテゴリー: 日記, 淀江の味   パーマリンク

コメントは受け付けていません。