味平をアツく語る

このブログでの検索キーワードで一番多いのが「無法板の廉二」「味平」「ブラックカレー」「荒磯勝負」「火炎放射器」・・と圧倒的に「包丁人味平」関連です!!。

小川先生ネタでは「鋼棍のシェル」「あんかけチャーハン」ですね。

という訳で(?)久々の味平ネタです。

何回も言ってますが僕が一番影響を受けたシリーズが「カレー戦争編」なんですが。

このシリーズの注目すべき所は味平史上唯一のロマンスがあった事です。

カレー屋台を味平と一緒にすることになった「香山梨花」(どっかで聞いた事ある名ですが・・)。

家庭不和からワルの道を突っ走っていたリカですが味平の一点の曇りのない料理道に知らず知らずに惹かれていったのです。

またリカを想う男がもう一人いました・・。

味平にその料理センスを買われ仲間になったラーメン職人「柳大吉」!!

ちなみに大吉は「カレー戦争編」の続編「ラーメン祭り編」でも重要なキーパーソンになってます。

結局リカの気持ちは味平にまったく伝わってなかったのでロマンスとは言えないかもしれません。

僕の一番好きなシーンがこれ ↓

おおみそかにリカと屋台を引いて帰路につくとき二人で聞いた除夜の鐘・・。

ロマンチック・・・高速道路をバックの2ショットがかっこいい!!。

↑ リカに片思いを寄せる「大吉」です。

リカには告白したのですが・・。

ダメでして・・・大吉のラーメン道を究めるきっかけになったのです。

まあ彼女のために料理頑張る気持ち(モチベーション)は昔も今も不変でしょうね。

しかしキーワードに「火炎放射器」とは・・どんな料理マンガだ!!(笑)。

 

カテゴリー: 味平をアツく語る   パーマリンク

コメントは受け付けていません。