続 中心市街地活性化は夢なのか

昨日の続きです。

やよいデパートの通り「えるもーる」を抜けて新生「公会堂」に。

昭和40年代から50年、淀江からバスで米子に出る時の僕のランドマークは「日パ」古!!現「王子製紙」の煙突、

トラスが特徴の旧日野橋、米子タワー?「山陰放送の鉄塔」でしたね。

そして公会堂前で降ります。そんな思い出です。

で、新生「公会堂」の新スポット「カフェ・ド・スズキ」です。

米子フレンチのスズキの姉妹店です。

ランチ食べました。

テラスもありました、ここでビアガーデンやるのかな。

個人的に想うに中心市街地活性化のキーワードは「オシャレ」じゃないかと。

カフェ、雑貨、ファッション。

若者やおじさんが出かけられる店ができてほしいものです。

米子の夏「がいな祭り」は8月2、3日、マチナカが賑わうね。

 

カテゴリー: 中心市街地活性化   パーマリンク

コメントは受け付けていません。