今年初のイノシシを焼いて食べる

ジビエ料理って現在鳥取県&市が推し進めているプロジェクトなんですが。

まあ、そういうのを行政が行っているのをブログみていて下さってる皆様に報告しておきます。

米子の実家の横の方が「イノシシ」くれました。フレッシュ感かなりあったのでステーキ(ソテー)にして食べようと思いました。

何度も言いますが処理さえきっちりしていたら臭いもないし。

そのあたりはハンターの技術にかかっています。

個人的に肉の調理方法で一番魅力(美学)を感じるのは「焼き」次が「煮込み」です。

「焼き」は太古人類が「火」を使い始めた時から存在した調理技法だろうね。

ギャートルズの肉もシンプルに焼いただけの料理だもんね、でもスゴく美味しそうでしたよね。

と言う訳で今年初イノシシはフライパンで焼いてみました。

味付けは最初に塩ふって仕上げに酢とわずかに醬油を入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クセがないのが特徴ですね。

 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。