「おせち料理」ではないけれど。

古来より我が国「日本」につたわる伝統的保存食「おせち料理」でありますが。

僕もね、日本料理の精神勉強してるのですが・・なおかつ洋食の精神勉強してます。

僕なりに「おせち」(保存食)作ってみました。

まず、年末に仕込んだ「デミ」です。

 

 

 

 

 

 

マジで作りましたよ・・なぜなら市販のルウで作ったら日持ちしませんからね・・。

所詮、カレーにせよデミにせよインスタントは2日目には腐敗してしまい、その真価を問う3日目には後にも先にも評価なされてませんから(ただの不衛生食品)。

真の「ルウ焼成&ソース作成」は、衛生面や品質確保において、ある期限から臨界点に達します。

それだけ微妙なんです「洋食」は。

でも僕たちプロなら簡単にコントロール(支配)しますよ。

日本料理に通じる「熟成」と洋食の「エージング」との合致をね。

話引っ張りましたが、このデミをベースに僕の「おせち」作りましたよ。正月中、洋食三昧になりました。

ビーフシチュー

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーグとデミソース

 

 

 

 

アレンジは別として今日(5日)まで、このデミ使って料理しましたよ。

 

 

 

 

 

 

これは煮込みハンバーグ。

でも、ハンバーグは煮込むより「焼いた」やつに「ソース」かけるのが王道でしょう!。

そうです!!肉の最高峰の調理技法は・・「焼く」ですから。

シンプルがゆえに奥深い・。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。