「地雷包丁」解説・・その5

地雷包丁を目の当たりにした北村氏は・・

 

 

 

 

 

 

と・・愛弟子「味平」のために「地雷包丁」の情報収集した訳ですが・・・。

ところが、それは味平のためには何の役にもなってなかったのが現実だったんです!!。

たしかにそうです。練二との勝負内容は最初から決定してありました。

これは団英彦との勝負直後に味平に宣言したセリフです。

勝負名は「荒磯焼きだ!!」

動かぬ証拠。

 

 

 

それを味平は勘違いして勝負は「大海荒造り」(刺身)と思い込んでしまったのです。

 

 

 

 

 

 

これが正式に勝負内容を宣言したシーンです。

うーむ・・えらいことやってくれちゃったです。北村氏は・・しかも責任転嫁を練二にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「練二め・・図ったな」なんて言ってますが。いやいや・・北村さん・・あなたの思い込みで味平をピンチに追い込んでますよ。

味平はりっぱな大人です(北村さん・・彼はあの仲代や団を破ってるんですよ!!変な介入はしないほうがいいのでは)。

と、まあ・・それはいいとして。

そんなハンデをもろともせず。無法板の練二を撃破した味平に拍手を送りたい。

個人的には魚をおろす勝負じゃなくてよかったと思います。

焼魚勝負で逆に味平に勝機がみえたと思います。

包丁技はベテランが圧倒的有利ですからね。

ましてや「地雷包丁」に対抗できる技は後にも先にも料理マンガ研究30年の僕も思いあたりません。

運も実力のうちですね。

それにしても恐るべし!!「地雷包丁」。

 

カテゴリー: 味平をアツく語る   パーマリンク

コメントは受け付けていません。