寿司とマンガ料理の話

小川先生の新連載「すしいち」の影響で家で刺身ひくときもひと手間かけて「すし」にするようにしています。

幕末舞台の人情すし漫画です。

 

 

 

 

日本料理の特徴(?)に砂糖があります。

すし酢は砂糖の使い方のベストな使い方だと個人的には思います。

砂糖なしでは寿司、鮨は完成しなかったことでしょうね。

話が脱線してしまいました。

で、本題。

この日のネタ・タネは「セイゴ」です。

寿司に関しては素人なんで・・

 

 

 

 

 

普通に刺身で食べるより新鮮味(食べ方として)を感じます。

しかし、すぐマンガの影響を受ける単純な僕です。

マンガ料理の話ですが、新潟の友人から送られてきた画像です。

小川先生の出世作「中華一番」の「あんかけチャーハン」の再現料理。

新潟まんが王国「ガタフェス」でのイベント料理だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味そうだな・・・

 

 

 

 

 

この「あんかけチャーハン」のインパクトは「中華一番」史上最強なシーンだと思っています。

次回のブログネタにしようかな。

 

 

カテゴリー: まんが王国とっとり, 淀江の味   パーマリンク

コメントは受け付けていません。