淀江の板わかめ

山陰の名物に「板わかめ」が多々あります。

故郷にもあります「淀江の板わかめ」。

 

 

 

 

 

 

食べ方はいたってシンプル。

そのままご飯にのせるだけ。

もしくは「おにぎり」。

汐の香り、海の匂い。これは子供の頃の思い出、淀江港の匂いかもしれません。

そして、わかめが浴びた太陽の香りが口中に広がって脳を直撃します。

変な表現ですが「布団を天日干ししたときの匂い」かな。

個人的に一番好きな食べ方はそのまま食べる!です(笑)。

そのものの味をダイレクトに食する。

僕好みの食べ方です。

けっして「みそ汁」とかに入れないようにしましょう。

味噌との塩加減とをバランス悪くしますので僕的にはおすすめしません(笑)。

まさに県西部の味だ。

 

カテゴリー: 淀江の味   パーマリンク

コメントは受け付けていません。