宇宙戦艦ヤマト2199

 

 

 

 

 

 

うーん。素晴らしいっ!。

僕は昭和の人なんで「宇宙戦艦ヤマト」1974が基準でした。

今のヤマトは前作よりヒューマン度がアップしていますね。

今日(19日)放送の「赤道祭」での地球との交信。

沖田艦長と徳川機関長との酒宴。

前作は僕が未成年だったんでヒューマン部分では記憶が無かったのですが。

あきらかに今回のヤマトは前作と違います!!。

中身は「松本零士」先生に近いんじゃ。

個人的な意見ですが。前回の「波動砲」一辺倒より今シリーズは「主砲」がクローズアップされてます。

僕はこれが凄いって思いました。!しかもガミラス冥王星基地を直接砲撃した弾薬が「三式弾」ですよ!。

これは旧日本海軍のクラスター弾、三式弾の継承ですよね。

前作よりヒューマニズムが前に出た作品になっていますね。

おまけを言うと女性の乗組員が増えてます。

しかも美人ぞろい(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。