淀江の味 その2

鳥取県西部に位置する米子市淀江町。

前に県西部の食文化、「もんば」「どろえび」を紹介しましたが。

今回はローカルのパン屋さん「なかにし」です。

子供の頃からの親しんだパン(郷愁)ですね。

舌触り、香りのいいホイップクリームとふんわりとした割れパンはまさに昭和の宝です。

 

 

 

 

 

 

Aコープ淀江店で販売されてますので。

と同時に「淀江の味」で思い出すのは「山友」のラーメンですね。

この店のカツ丼も独特でいいね。個人的見解ですが岡山の「デミカツ丼」のような・・。

正確に分析すると「ケチャップ」が勝るデミのような・・・。

違ってたらごめんなさい。

カテゴリー: 淀江の味   パーマリンク

コメントは受け付けていません。