ビフテキと白ネギ

以前紹介した小川先生の「浅草人」のマンガの中で「ハンバーグ」の事言ってましたが。そのストーリーを詳しく言うと。

主人公、風助の人力車の大先生の還暦祝いに彼の好物のビフテキをとリクエストがあったのですが、先生は歯を悪くしているためビフテキは食べられません。

その人力車夫の先生は牛の赤身が好物でした。

そこで風助は天才的な調理技術でハンバーグをビフテキにまで昇華させました。

個人的な好みですが僕も「モモ」の部位のステーキが一番好きです。

噛みごたえあるし醬油とよく合うし。

いかにモモを美味しく焼くかは当店のテーマですね。

今日は赤身の肉でビフテキ焼いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

独断だが酢と醬油を1:1で合わせそこに若干のおろし玉葱を加えたソースは僕の一番好きなステーキソースです。

 

 

 

 

 

今の時期「白ネギ」を付け合せにするのを

おすすめします。

まさに鳥取の味覚。

 

 

 

さらに「白ネギ」をパスタに。

 

 

 

 

 

 

独断な味付けだけどケチャップと白ネギは相性いいんでは(?)。

ローカルで入手できる野菜を上手に活用しましょう。

 

 

 

 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。