昔話

昨日「ウェザーリポート」の事書いたけど。

その時代にもうひとつ忘れてならないのは安来の県境辺りにある「ブラジル」だろう。

昨日「薬膳アドバイザー」の講習が安来市内であったんだけど9号線通って行く途中「ブラジル」見かけると懐かしく思います。

18歳当時ここのカレーは斬新に感じました。当時の僕のカレー知識は浅く、「ハウスインドカレー」が一番好きだってね。

喫茶店カレーが凄くハイレベルなものだったです。でも今思い出してみるに当時の喫茶店カレーはルーから焼成するのが当たり前でした。現代より手間暇かけてました。

欧風カレーしか知識なかったです。

そんな訳で「ブラジル」のカレーは僕が初めて目の当たりにした「インドカレー」タイプでした。しかも大皿に盛るってのも現代のダイニング料理に通ずる当時としてはインパクト大な盛り付けでした。

30年過ぎた今でも健在で看板にでかく「CB純カレー」と!!目立ちます。

来月も講習あるから帰りに寄ってみようかな。

青い時代のいい思い出です。

 

 

 

 

 

 

当時のバイブルがこれホルトハウス房子先生の「カレーの秘伝」です。

現在でも入手できるみたい。

超ロングセラーだ!!。

追加・・・「ブラジル」について

僕の知り合いがブログで紹介してましたので補足します。

参考にしてください。

 

 

 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。