淀江港の初夏料理

すっかり夏めいてきましたね

淀江港に限らず県西部の魚港では「アゴ」「もずく」「いぎす」が水揚げされ初めました。

「アゴ」は刺身が一番好きです。アラとか内臓は味噌汁にします。

(左)淀江港のもずくです。

一般的なもずくより太いのが特徴です。

(右)は郷土食の「いただき」です。

やよいデパートで買いました。

 

「アゴ」の刺身

「いぎす」と「ところてん」

まさに山陰の味です。

僕は全て単純に酢と醬油で食べてしまいます。

ちなみに「アゴ」とは飛び魚の事ですよ。

同じ鳥取県でも県東部とは異なる食文化ですね。面白いです。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。