shuji  修二 その1

いろいろスポーツの漫画があるがサーフィンを題材にしたのは珍しいです。

平成初期、少年チャンピオンに連載していた「shuji 修二」(全5巻)タイトルからサーフィン漫画とは察しがつかないですが。

作者のみやたけし先生がサーファーなので心理描写、海の雰囲気(サーファー目線での)がよく伝わってきます。

ストーリーの一番の見どころは修二の大会初出場の第1ヒート(1回戦)の多々良戦でしょう。

修二の所属するショップ、TAKE OFFのライバル、HARDのライダー多々良はハード1のスピードの持ち主。

当初はヒザ波での戦いで修二は苦戦を虐げられていたのですが・・ジャッジ判断で再試合になりました。その時テイクオフのオーナーが渡した対多々良用の板(サーフボード)が彼を進化させました。スーパーセットでの自身9本目のライディングは強烈なボトムターンから一気にトップに駆け上がりオフ・ザ・リップの大技がさく裂!!

 

 

 

 

 

ギャラリーびっくり!!

 

 

 

 

 

 

ちなみに修二の舞台は静岡県です。

聖地巡礼ではないですが静波海岸行ってみたいですね。

鳥取も日本海側屈指のサーフポイント県であります。

 

カテゴリー: まんが王国とっとり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。