マンガ飯

ついに買いました「マンガ食堂」

これはマンガに出てくる料理を再現する趣旨の本です。(5月3日のブログでふれてました。)

 

 

 

 

驚いたのは著者の女性まだ若いのに「包丁人味平」から2つもピックアップしているってことです。

再現したのは当然!「味平カレー」そして「ブラックカレー」であります(感動)。

いい本買ったわ!。

やはり味平(名作)は世代を超越して愛されるってのが確認できました。

僕も鳥取のマンガ飯の第一人者(自称ですが)なんで燃えてきますね。

 

 

 

 

僕も「味平カレー」を再現したことありますよ・・。何年か前の夏(鳥取しゃんしゃん祭り)での出店(カレー屋台)ですが。

「味平カレー」は味付けのポイントが醬油だったんで再現しやすかったですね。

その点「ブラックカレー」は抽象的で難しいです。

残念なのはお客様ほとんどが「味平カレー」を知らなかったってことでした。

でも「マンガ飯」は面白い!!。

僕の範囲的には「味平」と「浅草人」がストライクですね。

 

 

 

 

カテゴリー: まんが王国とっとり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。