3月10日

終戦から65年以上経過すると「東京大空襲」のテレビもあまり取り上げられなくなった。忘れてはいけないんだが。

毎年3月に思い出すのは昭和20年3月10日の東京下町への無差別爆撃だ。ドイツのドレスデン大爆撃とならぶ20世紀の大悲劇であります。

18日日曜のNHKスペシャルでは中島飛行機武蔵野工場を狙ったと米国の公式映像では報じてたが・・・。

しかし現実民間人を巻き込んだ、たった一晩で10万人の死傷者が出たことを絶対忘れてはならない。

東京大空襲を題材にした「火の瞳」

昭和40年代少年マガジンで連載された政岡としや先生の力作です。

現代もこんなマンガが必要なんだが。

 

 

カテゴリー: まんが王国とっとり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。