辛口批評

今日は米子「善五郎蔵」でカレーベース実行いたしました。ご来店して下さった皆様、本当にありがとうございました。売り切れでご迷惑おかけしたお客様、懲りずにまた来てください。本当に申し訳ございません。

話変わりますが。米子の方が鳥取よりマンガ文化が濃い気風ですが。そんなタイムリーな話題。今日の読売新聞で平井知事が来る「マンガ王国鳥取」に「スティッチ」(ディズニーキャラ)を起用する考えを明らかにしたんですが。それに反発する米子の文化人の意見が新聞記事になってました。

個人の意見ですが、同感です(本意は異なるかもしれませんが)。

行政に対しあえて言わせてもらいますと・・マンガと言いながらアニメと混在させているのに違和感を覚えます。おまけに日本のものじゃないし(スティッチは)あくまでニッポンのマンガ文化で貫いてほしいですね。

秋葉系の萌え文化と「あしたのジョー」的な硬派なマンガ文化の「ごった煮」をね。

個人的にはマンガには興味あるけどアニメにはイマイチだ。ただ秀逸なマンガはアニメ化されるので一線引くのは難しいよね。

マンガからアニメ、じゃなくて最初からアニメってのが変だ・・・。

マンガとアニメをいっしょくたにしない事が大事だと思うね。

(だらだらと書いてしまった。うまくまとめられないな今回は。)

ちなみに俺の好きなマンガ(料理マンガ)でアニメになったのは「小川悦司先生の中華一番」だけだ。

今日28日付けの読売の記事です。

カテゴリー: まんが王国とっとり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。