未来ある若者に期待

今日(21日)の夕方、日本海テレビ(鳥取ローカル局)で県の農業高校の「カレーコンテスト」(?)が放映されてました。カレーと聞けば俺もうるさい方なんで観ずにはいられないってか。

県の東、中、西部の農業高校の代表が鳥取らしい創作カレーをプレゼンしてましたよ。

結果、グランプリは倉吉農業高校の「ハートビートカレー」だったです。

ちなみに明日から賀露のわったい菜「大国亭」で1ヶ月メニューで出すそうです。

早速明日、俺も行ってみようと思います。

俺の解説(?)だとかなりレベル高いと思いました。オリジナリティあふれる逸品です。とても高校生が発想する次元じゃないよね。正直、今の俺でも思いつきません、まして俺の高校生の時作ったカレーは「ホルトハウス房子」先生のレシピ丸写しで再現、しかも土曜の昼食→結果?だったのを記憶しています。発表する機会(場)といい注目度といい、俺の時代とは全然違うな・・恵まれてるよ。

今の高校生がうらやましい・・将来が楽しみですね。

特にブイヨンにパセリ軸を用いる当たりプロっぽいな(ブイヨン全体の材料が本格的)!!って思いましたよ。

そう!!若さには無限の可能性を秘めています。

これをモチベーションにして料理の道に進み、将来は鳥取県に帰って食文化の発展に貢献する若武者になって欲しいと思いました。

順位はついていたけど、どの参加高校も僅差だったと個人的には思いました。

 

 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。