地元野菜のカレーソース

故郷米子市淀江町は人参の産地でもあります。

近所の皆がわけてくださいます。おかげで、けっこう家に人参あるよ。

食べきれないほどね。

今回は人参を使ってカレーソースを作ってみました。

単純ですが人参をピューレ状にしてカレーパウダーと合わせて味付けをして行こうと思います。

 

完成はこれ。

ざっくりと試作。

5人前くらい作ろうかな。人参3本(600g程度)に500㏄の水を入れミキサにかけて撹拌。

それに味をととのえます。

極めてシンプル。

で、感想は。

正直、人参特有の甘さがカレーのスパイシーとアンバランス感があるね。

一口食べてから俺の頭の中でイメージしている味への補正開始です・・・・今回、修正項目として、「塩分(塩かな)」、あと乳製品(コク、今回は牛乳で補正)で補正することにより、納得する味に仕上がりました。

今後、地元産野菜をソースしてを丸ごとカレーに応用する大技を極めて行きたいと思います。

これを極めれば鳥取の野菜(おもに規格外)に光明が差してくるんでは?。俺的には反則だが、梨、柿、白ネギ、ブロッコリー、牛骨、なんでも有りか!!。

本当カレーは都合がいい食べ物だ・・・。だが、俺もうわべのトリックだけで欺けるほど皆さんの舌を侮ってないんですが。。

さあ、味の本質に向けて来年もいっしょにやっていきましょう!。

 

 

 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。