アタックス

前にプロ野球でセリーグ7番目の球団、「明王アタックス」の話したんですがマニアックな方々と話かみあったんでさらに補足(解説)してみます。

選手(投手編)ではシブいところで立原(#50、スイッチピチャー)。田代(#18 甲子園優勝投手のアタックスではエリート)。
自己暗示のボールにささやく吉倉投手。ケガが勲章覆面投手世良、超ワイルド荒巻塁(#28)、不動のエース十文字健(#13)。
そして連載終盤に乾投手(原たつのり巨人監督と同期)が現れてどぐされ球団終了となったと記憶しています。

また野手編書き込みますので。こうご期待。

とにかく竜崎りょうじ先生の描くプロ野球ロマン「どぐされ球団」は昭和50年後半男を魅了する名作であるのは不動でありますね。

カテゴリー: まんが王国とっとり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。